品種による和紅茶の選び方

品種による和紅茶の選び方
品種による和紅茶の選び方

レインブラントティーでは、日本全国の様々な産地の和紅茶を取り揃えています。ですが、いろいろな茶園や産地など聞きなれないものが多く、最初はどれを選んでよいか、悩んでしまうと思います。
そんなとき、和紅茶を選ぶ一つのポイントとして役に立つのが、「品種」です。今回は、和紅茶を品種から選ぶ際のポイントと基準を分かりやすくまとめてみましたので、こちらを参考にして、ぜひ、自分だけの好みの和紅茶を見つけてみてください。

そもそも和紅茶の品種とは?


和紅茶は、様々な品種で作られています。品種というのは、お米を例にとって考えると分かりやすく、「コシヒカリ」や「あきたこまち」のように、同じお米であっても品種の違いによって食味が異なり、私たちの好みも分かれます。

ちなみに、和紅茶の品種といっても、それは緑茶を含むお茶全般の品種のことを指していて、紅茶だけの品種が存在するわけではありません。これは、もともと同じお茶の樹から、製法の違いによって緑茶ができたり、紅茶ができたりするためです。一つの品種から、紅茶も緑茶も、どちらも作ることができる、というわけです。
また、ブレンドされずに単一の品種のみから作られたお茶は「品種茶」と呼ばれ、品種自体の個性を表現したものとして、近年特に注目を集めています。レインブラントティーが取り扱っているのも、ほとんどが単一の品種から作られた「品種茶」なのです。

実際には、同じ品種であっても、作り手によって紅茶の味や香りはそれぞれ異なりますが、その品種が持つ一定の特徴は、商品に少なからず表れています。ですから、まずは品種から香味の特徴をつかみ、そこからいろいろな茶葉を選んでみる、というのがおすすめです。

品種を大きく4つに分けてみよう

お茶の品種はとても多く、2019年時点で名前の付けられた品種は、119品種にのぼります。
そのほとんどが緑茶を作るための品種ですが、中には紅茶製造に向いた品種や、半発酵茶(烏龍茶)や釜炒り茶の製造に向いた品種などもあります。
日本で最も有名な品種といえば、やはり「やぶきた」です。これは緑茶向きの品種で、日本全国の茶園の約7割を占めているともいわれています。日本では、この緑茶用のやぶきた種から、多くの和紅茶が作られています。

紅茶向きの品種として、特に有名なものは「べにふうき」です。味・香り・水色の三拍子が揃った、ボディ感のある強い紅茶が作られます。
一方で、「紅茶製造に向いた品種」と聞いたときに、では、「べにふうき」でなければ美味しい紅茶は作れないのか、と疑問に思うかもしれません。
結論からいうと、決してそういうわけではありません。確かに、緑茶用の品種は紅茶への加工が難しく、紅茶の香味を十分に引き出すための「発酵」が進みづらいものなども多く、緑茶用品種で美味しい紅茶を作るのは、決して簡単なことではありません。

ですが、最近は作り手の技術が飛躍的に向上し、緑茶用品種であってもその特徴を活かした、とてもおいしい紅茶が作られてきています。
今回は、和紅茶の品種を、「緑茶向き品種」、「紅茶向き品種」、「釜炒り茶向き品種」、「その他の特徴のある品種」の4つに分けて、説明していきたいと思います。

その1-緑茶向き品種

お茶のカジハラ・やぶきた
(お茶のカジハラ「やぶきたファーストフラッシュ 2019」)


緑茶向き品種の一つの特徴は、「旨み・甘味」の強さです。
特徴を活かすために、あえて「浅めの発酵」で抑えているものも多く、そのように仕上げられた紅茶はとても繊細な味わいを楽しむことができます。香りやボディ感はそこまで強くありませんが、黄金色の美しい水色に、緑茶に感じるような奥深い旨味を有しているものが多く、「味を楽しむ紅茶」として、ストレートで飲むのに適しています。
中には、若草のようにグリニッシュな香りを持つものもあり、独特の緑の香りを楽しむことができるのは、日本の品種ならではといえます。

(旨味をたのしめる品種)
・やぶきた
(緑の香りを楽しめる品種)
・おくみどり ・くらさわ ・さやまみどり
(独自の芳香・花香を楽しめる品種)
・さやまかおり ・みやまかおり

その2-紅茶向き品種

牧之原山本園・べにふうき
(牧之原山本園「べにふうきセカンドフラッシュ 2019」)


今日、和紅茶が盛り上がりを見せている背景として、「べにふうき」から作られた、海外産の紅茶に負けない品質の紅茶が登場したことは、日本の紅茶史においても重要な出来事のひとつといえるでしょう。
紅茶向き品種の特徴は、十分な発酵に由来する味・香り・水色の三拍子を備えた、重厚なボディ感にあります。そのため、ミルクティーにして飲むのにも適しています。特に品質の高い紅茶は、完熟したフルーツのような芳醇な香りを持つものもあり、圧倒的な存在感を備えています。
「べにふうき」は、総じて強い発酵が特徴ですが、日本では「やぶきた」と並んで、多くの紅茶がこの「べにふうき」から作られているため、作り手によってもその特徴は様々で、仕上がりにかなりの幅があります。そのため、ご自分の好みにあった「べにふうき」を見つけるというのも、おもしろいかもしれません。

(ボディ感が強く、作り手によって様々な紅茶の個性が楽しめる品種)
・べにふうき
(メントールのような爽やかな香味を呈する品種)
・べにひかり

その3-釜炒り茶向き品種

お茶のカジハラ・いずみ
(お茶のカジハラ「いずみセカンドフラッシュ 2019」)


釜炒り茶向き品種は、それぞれに独自の特徴があり個性の幅が広いため、一概に述べるのが難しい部類でもあります。それでもあえて言うならば、香りに特徴を持つものが多い、ということができます。
釜炒り茶向き品種として特筆すべきは、近年注目を集めている「いずみ」や「みなみさやか」といった、紅茶にした際に素晴らしい花香を呈する品種です。これらは透き通った水色で、決して「強く発酵した紅茶」という個性を持つわけではありませんが、それを補って余りある素晴らしい贅沢な香りを楽しむことができます。
釜炒り茶向き品種自体は、九州地方で多く作られているのも特徴の一つで、近年、製茶技術が飛躍的に向上している九州地方は、大きな注目を集めています。

<素晴らしい花香が楽しめる品種>
・いずみ ・みなみさやか
<他に類のない独自の味や香りが楽しめる品種>
・うんかい ・たかちほ ・みなかおり ・やまなみ

その4-その他の特徴のある品種

岩永製茶園・岩永1号
(岩永製茶園「岩永1号ファーストフラッシュ 2019」)


最後に、その他の特徴のある品種として分類するのは、「在来品種」と「香駿」です。
まず、「在来品種」というのは、いわゆる雑種のことを指し、これまで紹介してきた「品種茶」が流通する以前は、実生(種)で増やした在来種からお茶が作られていました。樹齢が100年を超えるものなどもあり、紅茶にした際の特徴はそれぞれが全く異なるため、作り手ごとのオリジナリティを楽しむことができます。
「香駿」については、味・香り・水色の三点におけるバランスの良さが特徴です。癖が少ないため、ストレート、ミルク、アレンジ、何にでも合わせることができる、万能タイプです。紅茶にした際の仕上がりがとても優れた品種です。
他にも、様々な品種茶を組み合わせた「ブレンド和紅茶」などもあり、作り手がもともとの品種特性を理解した上で作られていますので、一般にはとても飲みやすく作られています。市販されているものの中には、特徴を際立たせた、とても品質の高いブレンドティーも存在します。

品種の飲み比べは、和紅茶だけの楽しみ方

以上、一部ではありますが、和紅茶における「品種ごとの違い」をご説明しました。参考になりましたでしょうか。
先に述べましたが、品種はあくまで特徴の一面を表現したものに過ぎず、実際は作り手によって紅茶が呈する特徴は様々で、さらに言えば、香味の感じ方も人それぞれです。

それを踏まえた上で、品種の特徴を知り、品種から選ぶ面白さを知れば、さらに和紅茶を楽しむことができるように思います。また、同じ品種の茶葉を、茶園別に飲み比べてみる、というのも和紅茶ならではの楽しみ方の一つだと思います。 ぜひ、「品種」という観点から、皆様のお好きな和紅茶を選んでみてください。

紅茶コラムカテゴリの最新記事